忍者ブログ
三国志オンラインでの生き様 所属部曲は泰山、呉のイケてる部曲「花鳥諷詠」
[82] [81] [80] [79] [78] [77] [76] [75] [74] [73] [72]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今更進退伺いをするな岡田!!
比叡です。

土曜は所用で合戦出れなかったので日曜蜀戦のことをちょろっと。
今回は陣とかなしでいきます。

感想としては3期の呉に戻ってきた感じ。
正確なデータなんかは取ってませんが、4期最初に蜀に勝ってた時よりもたぶん各連合5~10人ほど連合員が減ってると思います。
それによって全体的に小粒になってしまって当たった時に破壊力がない&持ちこたえれないそんだけだと思います。
斥候の情報量もそこまで落ちたとは思いませんし、連合の動き・他の動きにしたってそんなに変わってない。
蜀側で変わったといえば剥奪ぐらい?
じゃあ、こちらも対抗して剥奪をっていったってすでに連合側で剥奪用意できる状態でもないです。
15人やそこらで剥奪もつと護りも入れるとして火力徒党1つだけになりますし、そもそも剥奪は党員がただ党首についていく状況になるのでなかなか理解が得られません。
剥奪徒党募集なんかで苦労してるのが例ですね。
さらに言えば、連合自体の野良募集ですら苦労してる状況でせっかく入ってくれた人に「じゃあ職の都合上で剥奪ね」とか言えません。

あと他の対抗策で言えば連合の合併ですね。
小粒なんだから吸収合併したら大粒になるじゃないかとそういう論理です。
ただ、これも言うのは簡単ですが実際実行するとなるとすごくめんどくさく、現実的に不可能と思ってます。
廬山魏のようにという人も見かけますが、廬山魏の時の状況と違う。
全然勝てない状況でもなければ連合の黎明期でもない。
各連合・連盟で長い期間を経てコミュニティが形成されてるし、4期からのところは既存のところに入るよりかは俺らがって思いで立ち上がったと思う。
さらに、合併したところで呉の連合全体人数は増えないので効果としてどこまででるのかが疑問。

とまぁ結局4期最初のころの感じに戻らなければずっときついかなという感想。
もちろん今のままでも偶然に突撃がうまい具合に入って押せたりしてますのでその偶然を連発したらいけるとは思います。

今日はこんなところで。

ではまた。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
比叡
性別:
男性
最新コメント
[07/03 しっぽ]
[06/29 勝]
[04/13 東方]
[03/18 歌丸]
[03/17 しっぽ]
最新トラックバック
(10/03)
カウンター
© KOEI Entertainment Singapole Pte. Ltd./© KOEI Co., Ltd. All rights reserved.
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © それでも僕は双をやめない All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]