忍者ブログ
三国志オンラインでの生き様 所属部曲は泰山、呉のイケてる部曲「花鳥諷詠」
[70] [69] [68] [67] [66] [65] [64] [63] [62] [61] [60]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

やっぱ勝利はいいね!
比叡です。

さくっとイベ戦のおさらいから。
昨日はいつもある連合さん2つがお休みということと4期見据えて河畔いきました。

2陣河畔
連合人数は17人だっけかな。いつもある連合がないってことで来てくれた人もいたんでいつもより多かった感じです。
ただ、入ってみてびっくり!なんと河畔の横バージョン!!
閉ざされた扉が急に開きましたw
まぁそんな感じで慣れない中おっかなびっくりで最初は北に配置。
始まって相手が橋から出る気がないっぽかったんですぐさま南移動。
そこで2~3回うまく凸できてあとはこっちが50人多かったんで包囲戦でした。
久しぶりに我が軍の衝車みたよ(´;ω;`)
まぁ包囲したらあんなもんなんでしょうね。
相手にとっちゃやりようなくなるしこっちは出た門に対応したら良いだけ。
途中調子に乗って行き過ぎのカウンターちょこっと食らったりしましたが、皆が皆敵を求めてる状況だったんでまぁいいでしょう。
完全壊滅がなかったですしね。

3陣関
もう一方の陣が負けてたので決戦陣。
連合はなんと24人!
えーと・・・いつ以来?連盟内ではこれはバグじゃねーかと言ってましたが、バグだと俺も思った・・・。
つーことで、正直びびりながら指揮。
初手は中央開始直後に凸ってことで速攻しました。
他の連合さんも思ってたみたく初手はうまいこと決まりましたね。
相手圧倒してて中央支配できたと思います。
ただし、これで相手本気にしてしまったのかさすがというか中盤から蜀のグリーンドラゴン発動!
それでも南で孫さんと協力しながら粘ってはいたんですけどうちは連合人数が10人未満ぐらいになったとこで限界。
一気に戦線下がります。
そのあとちょっと粘ろうと思って再集合が遅れたのがミスったかなぁ。
戦力逐次投入みたいな形になってしまった。これは反省です。
お城がある最後のラインまで前線が下がって終盤は南でのお互い全軍投入の当たり合い。
自分としてはここが勝負どころと思ったんで波状意識しつつ30リキャでの回転率上げて凸敢行してました。
人数差あって点差がじりじり開いてるのに相手の前線へらないといった感じの苦しいあたりではあったけどなんとか押し切れましたね。
連合員の皆さんも俺のやりたいことがなんとなくわかって来てくれた感じで凸後の撤退・集合も早くとてもありがたかったです。


そんな感じでイベ戦とはいえ勝利できたわけですが、久しぶりに楽しかったです。
やっぱ数は力ですね!
24人いたらやりたいことがやれる!そんなことを改めて思いました。
あと昨日は祝福双徒党を試してみたんです。
これは自分がいっつも双やってて相手に追いつけないときとか追いつく寸前で妖術に焼かれるとか相手陣形見えるのにあと少しで届かないとかあったんで、やってみました。
感想を後で聞いたら悪くないってことだったんでまた試そうかなと思ってます。
攻撃力はもちろん落ちるんですが、いくら渇望・猛進しても相手に届かないと近接は意味ないんでね。
イメージは神速で近づき、神速で去る!こんな感じで。はい厨二病です。

そんなこんなで昨日参加していただいた方はありがとうございました。
またよかったら連合に来てください。

ではまた。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
お久しぶりっす!お元気そうですね。
ゲームやめて数ヶ月、ストレスたまってます!
嫁から復帰許可でたので復帰しますw
またひろってくださ~いw
2010/02/17(Wed) 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
比叡
性別:
男性
最新コメント
[07/03 しっぽ]
[06/29 勝]
[04/13 東方]
[03/18 歌丸]
[03/17 しっぽ]
最新トラックバック
(10/03)
カウンター
© KOEI Entertainment Singapole Pte. Ltd./© KOEI Co., Ltd. All rights reserved.
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © それでも僕は双をやめない All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]