忍者ブログ
三国志オンラインでの生き様 所属部曲は泰山、呉のイケてる部曲「花鳥諷詠」
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

迷いはだめだ迷いは!!
比叡です。

昨日の蜀戦のおさらい。
国力のこと最初全く考えてなくて始まってから、あー魏が援軍だったんだと気づきましたw
まぁ200-200の陣は援軍いてもいなくても主力の陣は変わらないし、3陣も元々蜀の人数多いのでそんなに影響ないし(魏よりって意味で)、さらに湿地なんで前に出てきてくれればラッキーかなぁとポジティブに考えてました。
つーことで、

1陣 河畔
連合募集するもちょっと集まり悪く13名。
最初とりあえず単独で動いてみてダメそうだったら全員で完全ぺったん化するかなぁと思ってました。
しかし、開始3分前に戦武さんから合流要請をいただき急遽23名編成に。
護り1速化4という速化回ししかできないぞという火力連合になってましたw
だもんでひそかに緊張。なんせ速化回しの25人とかやったことなし・・・。
完全に失敗してしまったのは中盤と終盤の2回。
中盤のは前に敵見えててちょっとお互いお見合いになったとこで引くかどうか迷った末、護りだけしか結局整わなかったところ。
45回しの癖が出たというか迷った時点で終わってたのかな><
あの場面は速化リキャ整うまで引くべきでしたね反省。
終盤の西突撃は焦りすぎ。
連合員の人復活待ちとさらに他の連合の復活待たせてたのもあって早く行かなきゃなぁと思ってしまった。
遠いからやばいと思ってショート指示出しましたが遅かった・・・。
自分の指示ミスです><
結果また復活待ちになっちゃったという目も当てられない状況に。
申し訳なかった。

3陣 湿地 決戦陣
ありがたいことに、ここも戦武さん含め多くの方に参加してもらって25名に。
最初は真ん中見てたんですが始まって最初に点が動いたのであれで少し焦ってしまった。
そして点差も若干開き気味になってきてさらに焦り負けてれば戦犯ものの動きを・・・。
南に敵が来てるということで移動。
みつばさんが上がるというので支援のためにこちらも上がりました。
が、自分の予想してた上がりじゃなかったんで完全に遅れてしまってみつばさんの凸狙いのカウンターにうちが何もできずに飲み込まれるという失態。
その場面も予想できてなかった動きに対して迷ってしまったのがダメでしたね。
引くか行くのかの判断まだまだです。
ただ全滅してわかったこともあってそれは蜀がかなりの規模の人数を南に集めていたということ。
それがわかったので後の動きには繋がったかなと思います。
それで戦局のほうはなんとか味方が取り返してくれて逆転。
みつばさんとかが真ん中押してる感じだったのでうちは真ん中に行ってたのを引き返して南に移動。
これはさっき全滅した時に見た規模的に蜀が反撃してくるなら南しかないだろうという予測でした。
赤点も相変わらずあがってるし、真ん中に引き返すには湿地は移動時間かかりすぎる。

戻ってからの南は単発的な突撃となんといっても馬超w
どんだけでてくるんだよっていうほどでまくってました。
その分暗黒を連合員の方にうちまくってもらいましたけどね。
そして10分切ったあたりにその時が来ます。
蜀の万歳アタック!
点差もそれなりにあって、どっかで来るだろうなと思ったので油断は切らさないようにチャットで呼びかけていました。
が、多すぎw
200人くらいはいたのかなぁ とても持ちそうにないと思ったんですぐさま戦場チャットで救援うちました。
連合員はもちろん救援来るまで奮戦。
何とか投石含め味方の奮戦で耐えて、あとは一方的な狩りに。
耐え切った時点で勝負アリでしたね。
蜀のほうも点差あるから無理やり出るしかなかったのだろうと思います。


やっぱり兎にも角にも迷ったらだめですね。
迷った時は大抵いい結果出ません。
後は、ちょっと戦武さんの方の名前をあんまり確認できなくてわかんなかったんですが掲示板のれたのかな・・・。
ざっと確認したらそんな載ってなかった感じもしたので申し訳なかった。
あの火力まだ生かせてないです><
参加してもらったらやっぱり皆に稼いでほしい。
ただ稼ぐには盟主の判断が大きくかかわってくるから判断よくしないとなぁ。

今日はそんなところで。

ではまた。
PR
制覇戦勝ったのいつぶりだ??
比叡です。

さくっと土日のおさらい

対蜀 渓谷
蜀は開幕でてこないとの予想で呉全体が引きで展開。
というか蜀は呉が前に出てくるの待ってるのでこっちも待ってみましたみたいな我慢比べ。
カウンター気味に当たっていったのが功をそうして中盤ちょっとバラけたけど勝利。
自分の動きとしてはタイミングが全く合わなかった。
後詰気味に動けば行ったときには敵がおらず、先手で動けば敵が大量にいて半壊。
ずっとそんな感じでいまいちちぐはぐでした。

3陣 荒野
80人差の荒野無理。
もうちょっと赤点ほしいな・・・。


対魏 渓谷
ポイントは篭城になりかけたときに押し返せたところかな。
あそこの部分でそのまま篭城になってれば負けてた。
偶然っぽかったがうまい具合に各連合が連動してて押し返せたのが大きい。
自分としてもこの陣はうまく当てて動けていたんじゃないかと思う。

3陣 湿地
中盤までは完璧に思っていたとおりの展開。
連合員さんは全然出番がなくて申し訳なかったけども展開的にはほぼ完璧。
が、終盤思わぬ展開。
援軍の蜀さんどんどん前にでてらっしゃる・・・。
もちろん援軍の全員がとか言わないけども正直自分の見たとこでは目立ってました。
見殺しにしたらポイントやられるので支援で前に出る→死なないのでどんどん進む・・・。
ある程度行ったところで案の定十字砲火。
いやはやなんというか・・・、負けなかったから良いもののあれで負けてたら遺恨残しそうでした。


というわけで全体としては200-200の陣で勝ててるのがいい!
ほぼ呉民で勝ててますしね。
あと連合の枚数増えたので連携できる確率が上がって結果的に連携できてること。
ちょっと気になるのは赤点。
後ろに上がる赤点の精度がちょっと問題かな。
一回ポンと上がるぐらいだったらまだましなんだけど結構しつこく赤点上がるので敵かと思っていってみたらいなかったりする。
それで常に敵いないならいいんですけど、たまに敵がいるちゃんとした赤点もそこそこあるのが問題。
今回はどっちだ??って迷うんですよね。
間違いもあるとは思うんですが、少し多いので気になります。

とりあえず同数の陣ではこのまま勝って行きたいところ。
3陣は人数差もあるんで厳しいけど消化試合にせずモチベ高いままいけば勝機もあるかもしれません。

ではまた。


えーひーめFC!ドドンドドンドン♪
21日よ早く来い!!福田がみたいんじゃーーー!
比叡です。

昨日は合戦だったんですが、うーん・・・もっと皆一緒に死なないか?
というのもせっかくそろって突撃したはずなのにそこで死んでる人は突撃したはずの人数の半分以下なんですよね。
半分というよりも3分の1かなぁ。
突破してその数だったらまだわかるんだけども突破もしてないのにその数はどうだろ。

生き残るっていう目的が何か変になってる気がする。
なんというか勝つために生きてるんじゃなくて、死にたくないから生き残るという風に。
もちろん生きるって大事なんですけど、生きたから次何するってのがあってこそだと思う。
篭城でそろって突撃するのって突破目的なんじゃないでしょうか?
そしたら全滅でもいいから引かないようにしないといつまでたっても突破できないと思うんだけども。
当ててすぐ引く戦いならわざわざ他の連合待つ必要性がないわけで、単独で浅くを各々がくりかえしたほうがいいんじゃないかなぁ。

今日は丹でやってたんで蓮華ありました。
んで生き返って城内に戻ってみると結構な数がいるんですよね。
んで、見てるといたって何もしてなく、死んだ人の復活待ってる。
結局最後まで戦って死んでも待つ時間変わらない。
だったら、逃げるより戦ったほうが全然いいと思います。
逃げたら逃げた分そこ居座ってる人に負担が来るわけで耐えれるものも耐えれない。
2人で耐えれるダメージが1人逃げたらもう1人だけに来るっていうね。

魏と呉の違いってそこが大きな違いだと思います。
全員で当たる魏、半分逃げ腰の呉。
負け続きで変に負け癖・逃げ癖ついちゃったのかな。
跳ね返して逆襲じゃーぐらいの気概がほしいです。

ではまた。
もうすぐJ開幕!
比叡です。

この日曜日からJ開幕ですね。
自分はもうすでにチケット手配していて友達と我が愛媛FCを全力で応援しに行くことが決定してます!
ファジアーノ岡山には負けんぞ!!


土日にイベ戦はさみましたが、ちょっと光明が見えたかもしれない。
魏にちょっとヒント与えてもらった感じですかね。
魏戦で気づいたことを何人かの盟主さんと話して蜀戦でやってみようということでやってみたら3陣うまくいったのでいけるのかもしれません。
まぁまだ一回なんで判断としてむずかしいし、魏とやってみてどうなのかってとこですが、呉としてできるなら前期と違う呉になるんじゃないかと思います。


あと大型うp情報ぼちぼち入ってきましたね。
とりあえず気になるのは「援軍制度導入」というところ。
仕様見てみないとわかりませんが、多くの人が予想している人数少ないとこにその日やってない国が援軍にということになったらちょっと萎えます。
なぜかというと次の日、敵国として当たる相手に援軍もらって勝つのはどうなのかということ・・・。
今でも援軍にきてる人いるじゃないかというのもありますが、基本的にあれは別鯖。その鯖の国益関係上あんまり関係してこないからいい。
さらに2垢で参戦だっていますが、あれも課金するというリスク背負ってるのでまぁよしということに自分としてはなってます。
あと、考えすぎともいわれそうですが、人数少ない国が優勝戦線にきたとする。そのときに競り合ってる国が援軍としてきた場合一方的に死んでポイント献上が出来るかもしれない。
んなことしないよっていうかもしれませんが、それが可能であるっていうことが自分としては大事。
できないのと出来る可能性があるってことは全然違う。
例えば、篭城しようってなったときにその国どうでもよくて合戦だけ、戦いだけしたいって人が援軍で来て、篭城無視で突撃するってことも可能であるとか。
自分の国の人がそれするなら仕方ないけど、援軍でそれされるとどうしようもなくなります・・・。
ということもありうるので、勝っている国が援軍で戦況をコントロールできる状況になるのだけは勘弁してもらいたい。
うちの援軍があったから勝ったんだとか騒がれても気分悪いだけですしね。
どんなにきつくても国として勝負するから楽しいわけであって国どうでもよければただ単純に紅白に分けて合戦したらいいんですから。

もちろん泰山呉としてはきつい状況っていうか人数が重くのしかかってるのもわかります。
人数だけが原因ではないですけどね。ただ何%かは原因になってるのも事実。
それでも、次の日戦う相手が援軍で来て、その援軍で戦況が(良い方にも悪い方にも)変わるというのは違うんじゃないかと思います。
なので、運営には慎重に援軍制度を導入してほしいものです。
仕様も発表されてないのに騒ぐのもどうかと思いますが、今のところ最悪の予想しか出来ないので・・・。


あと、公式部曲戦なんていうのもありましたね。
こちらはほぼうちの部曲は関係なくなりそうな予感。
なんたってアクティブ3人しかもうすでに残ってませんから。
てか導入遅すぎという感が否めません。
未だに多くの人数抱えてる部曲もありますが、実感としてすでに4~5人しかいない部曲の方が多そう。
そんな部曲が部曲公式戦とかいわれてもふ~んって感じかと思います。
もうちょい各部曲に人数がいたときならまだしも、今更感がものすごいあります。


つーことで今のところ予想はすべて悪いほうにしか働いてませんが発表で覆してほしいです。
そうか!そういう手があったか!って感じに。

ではまた。
やっぱ勝利はいいね!
比叡です。

さくっとイベ戦のおさらいから。
昨日はいつもある連合さん2つがお休みということと4期見据えて河畔いきました。

2陣河畔
連合人数は17人だっけかな。いつもある連合がないってことで来てくれた人もいたんでいつもより多かった感じです。
ただ、入ってみてびっくり!なんと河畔の横バージョン!!
閉ざされた扉が急に開きましたw
まぁそんな感じで慣れない中おっかなびっくりで最初は北に配置。
始まって相手が橋から出る気がないっぽかったんですぐさま南移動。
そこで2~3回うまく凸できてあとはこっちが50人多かったんで包囲戦でした。
久しぶりに我が軍の衝車みたよ(´;ω;`)
まぁ包囲したらあんなもんなんでしょうね。
相手にとっちゃやりようなくなるしこっちは出た門に対応したら良いだけ。
途中調子に乗って行き過ぎのカウンターちょこっと食らったりしましたが、皆が皆敵を求めてる状況だったんでまぁいいでしょう。
完全壊滅がなかったですしね。

3陣関
もう一方の陣が負けてたので決戦陣。
連合はなんと24人!
えーと・・・いつ以来?連盟内ではこれはバグじゃねーかと言ってましたが、バグだと俺も思った・・・。
つーことで、正直びびりながら指揮。
初手は中央開始直後に凸ってことで速攻しました。
他の連合さんも思ってたみたく初手はうまいこと決まりましたね。
相手圧倒してて中央支配できたと思います。
ただし、これで相手本気にしてしまったのかさすがというか中盤から蜀のグリーンドラゴン発動!
それでも南で孫さんと協力しながら粘ってはいたんですけどうちは連合人数が10人未満ぐらいになったとこで限界。
一気に戦線下がります。
そのあとちょっと粘ろうと思って再集合が遅れたのがミスったかなぁ。
戦力逐次投入みたいな形になってしまった。これは反省です。
お城がある最後のラインまで前線が下がって終盤は南でのお互い全軍投入の当たり合い。
自分としてはここが勝負どころと思ったんで波状意識しつつ30リキャでの回転率上げて凸敢行してました。
人数差あって点差がじりじり開いてるのに相手の前線へらないといった感じの苦しいあたりではあったけどなんとか押し切れましたね。
連合員の皆さんも俺のやりたいことがなんとなくわかって来てくれた感じで凸後の撤退・集合も早くとてもありがたかったです。


そんな感じでイベ戦とはいえ勝利できたわけですが、久しぶりに楽しかったです。
やっぱ数は力ですね!
24人いたらやりたいことがやれる!そんなことを改めて思いました。
あと昨日は祝福双徒党を試してみたんです。
これは自分がいっつも双やってて相手に追いつけないときとか追いつく寸前で妖術に焼かれるとか相手陣形見えるのにあと少しで届かないとかあったんで、やってみました。
感想を後で聞いたら悪くないってことだったんでまた試そうかなと思ってます。
攻撃力はもちろん落ちるんですが、いくら渇望・猛進しても相手に届かないと近接は意味ないんでね。
イメージは神速で近づき、神速で去る!こんな感じで。はい厨二病です。

そんなこんなで昨日参加していただいた方はありがとうございました。
またよかったら連合に来てください。

ではまた。
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール
HN:
比叡
性別:
男性
最新コメント
[07/03 しっぽ]
[06/29 勝]
[04/13 東方]
[03/18 歌丸]
[03/17 しっぽ]
最新トラックバック
(10/03)
カウンター
© KOEI Entertainment Singapole Pte. Ltd./© KOEI Co., Ltd. All rights reserved.
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © それでも僕は双をやめない All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]